ヨーグルトのホエー使ったバストトップケアはどの程度期待できるの?

バストトップの色に対してコンプレックスを持っていませんか?子供の頃はピンク色で綺麗だったのに大人になった今見てみると真っ黒になっていたり茶色になっていたりしませんか?

その乳首の色を戻すための方法をご紹介しています。その1つの方法がヨーグルトのホエーを使った自宅出来る乳首美白方法です。

美白効果のあるホエーの働きとは?

最近乳首が黒ずんできた、と感じている女性は多いはずです。乳首はブラジャーと擦れることによって、だんだんくすんだ色になってしまいます。どうにかして昔のようなピンクベージュ色に戻したい、と思ったことはありませんか。

ホエーを使って乳首の黒ずみを薄くする方法は有名ですよね。ホエーとは、市販のヨーグルトの上にある透明な液体のことです。なんだかよく分からず、食べずに捨ててしまっている人も多いことでしょう。このホエーを浸したコットンで乳首を優しくパックすることで、黒ずみを薄くできると言われています。

ヨーグルトではなく、成分を抽出したホエーパウダーやホエー配合の化粧品などもありますよ。試してみたい人は、数か月トライしてみてください。

ただ、期待しすぎは禁物です。色が薄くなるとは言っても、急に劇的な変化があるわけではありません。数か月続けて、なんとなく薄くなってきたかな、という程度だと思ってください。目に見えて効果を感じるのは、だいぶ先になりそうですね。

黒ずみ乳首にホエーを使ってどの程度期待できるのか?

ヨーグルトの上澄み液であるホエイには、メラニンの生成を抑制する抗酸化作用を持つビタミンや、古い角質を取り除くピーリング作用を持つAHAが多く含まれていて、肌のターンオーバー正常化や美白効果が期待できるため、乳首の黒ずみの改善や美白乳首のケアにおいても効果的ですが、実はホエイはヨーグルトから簡単に作る事ができます。

ホエイの作り方についてはまず、無糖ヨーグルトを準備しておき、ボウルにキッチンタオルを入れたザルを重ねて、キッチンタオルの上にヨーグルトを乗せ、ラップを上から被せた状態で1晩冷蔵庫で保存しておけば、自動的にホエイがヨーグルトから抽出できているので、作り方は驚くほど簡単です。

また、ザルではなくコーヒーフィルターでヨーグルトをろ過する方法でもホエイは簡単に抽出できます。ホエイを化粧水として作る場合は、抽出したホエイはホエイ:精製水を1:2の割合、さらに無水エタノールを1・2滴加えれば化粧水の完成です。
ヨーグルトから抽出したホエイで作った化粧水の効果的な使い方については、大判タイ

プのコットンにホエイを染み込ませておき、乳首にコットンを乗せた状態で上からラップをかぶせ、そのまま5分から10分待機して、時間が経てばコットンを外してホエイを洗い流せば完了です。ホエイは皮膚細胞に近い成分で肌に優しい保湿作用があるため、乳首周辺の肌が乾燥している人には特に良いと言われています。

ヨーグルトから抽出したホエイで作った化粧水は安上がりで作り方も非常に簡単ですし、美容成分が豊富なホエイによる美肌効果も期待できます。ただ、即効性が期待できるものではないので、根気よく使い続ける事が必要です。

乳首専用の美白クリームを使った美白乳首方法

正直、ホエーを使った乳首美白法には限界があるのでしっかりと見極める事が大切になってきます。そこで、今回お勧めしたいのが美白クリームを使った方法です。

美白成分には、メラニン色素を抑える作用やメラノサイトに伝えるチロシナーゼを抑える働きがあります。こういった作用を持っているのが美白成分です。そこで、代表的な物がトラネキサム酸やビタミンC誘導体、アルブチンなどがあります。

こういった成分が含まれている美白クリームを使うことで黒ずみ乳首を改善する事が出来ます。ピンク色までは戻す事は厳しいですが、今よりもちょっとはマシになるのではないでしょうか?

ターンオーバーの関係上、使用して約3ヶ月程度で結果が出ると思います。実際には、半年間続けたらそこが乳首の色の限界ではないかと思います。ターンオーバーが28日間の周期なので半年間でも6回しか生まれ変わっていないので注意が必要なんです。

出来るなら人気の乳首用美白クリームを利用したいですよね。そこで、当サイトがお勧めするサイトを参考にしてみてください。

参考サイトURL:http://xn--fkqp18j1qa592e.net/entry13.html